お肌の曲がり角を痛感

 シミが30代に入ってから鏡でわかるようになってきました。毎晩、ため息をつきながら美白化粧水とビタミン美容液、美白乳液を塗りまくっています。また、それら基礎化粧水が浸透するのも遅くなってきており、だんだん歳を重ねるのが怖くなってきました。そもそも美白成分は効果があるのか、私自身成分について全く理解していないのに気休めで使っている様にも感じます。『美白』というキーワードにも敏感になってきているのが現状です。

ラントゥルースの効果と私の口コミ!

 シミが多い要因は分かっています。「肌が白いね」と言われることが嫌で、大人になるまで日焼け止めを拒んできたからです。加えて、日焼け止めを塗った時に生じるベトベト感や窮屈感が嫌いだったのも理由の一つでもあります。さらに、クレンジングをわざわざ使うことも億劫で、日焼け止め自体避けていました。今思えば、肌が白いことは勝ち組の一つでした。もったいないことをしていました。

 しかし、今は違います。現在の日焼け止めは、トーンアップ効果やテクスチャーもよくなり、さらには洗顔だけで落とせるなど、躊躇する理由が全く見つからなくなりました。これ以上ひどくならない様にシミ対策をしています。

 全ての女性に伝えたいです。『今は良くてもこの先後悔する』と。できる前にシミ対策をすべきだと。幼い頃に大人に言われたことはやはり正しいです。身に染みて感じたアラサーでした。

寒い時期のお肌の乾燥

毎年冬になると悩まされるのがお肌の乾燥!すこーし保湿を怠ると、翌日にはヒリヒリピリピリ、顔も手も砂漠状態!なんてことも珍しくありませんよね。でも、乾燥対策の保湿クリームやオイルはどれもベタベタして苦手…。そんな方も多いのではないでしょうか。

シロイストを使用した私の口コミ!人気美容液の使い方や実際の効果などをこっそり報告…!

かくいう筆者も、料理をする手にベタつくクリームを塗るのは抵抗があり、つい保湿をしないまま水仕事を続けていると、気がつけばガサガサ乾燥肌を通り越して、手があかぎれだらけのボロボロ…ということがよくあります。

お肌が乾燥すると、寒い時期にただでさえ縮こまりがちな心がさらにテンションダウン…。本当にお肌にとって冬は一番と言っていいほど辛い季節ですよね。どうにか無理せず、快適にお肌の潤いを保つ方法はないのでしょうか?

ここで筆者が自己流で試した、これなら続けられるかもしれない(?)乾燥対策をご紹介します!①お米のとぎ汁で洗う みなさんご存知の通り、米ぬかは古くから美肌に良いとされ、洗顔などに使われてきました。毎日お米を炊くときにとぎ汁をとっておき、手や顔を浸すと…ベールがかかったようにすべすべ水をはじき、乾燥から守られているような感覚があります!

②肌に直接触れる肌着は綿100%の物を 冬の定番といえば、特殊な発熱素材や、裏起毛のインナーですが、実はこうした化学繊維の肌着は乾燥しやすいんです。綿のやわらかでやさしい肌触りが、しっかりお肌を乾燥から守ってくれます。すぐにできるこのふたつ、是非お試しあれ!

肌の悩みはたくさん

40歳を過ぎると、自分の目が小さくなってきたと感じます。http://www.roadoutdoor.com/

なぜかな?と思うと瞼が落ちてきているのですね。二重だと特に感じます。

コンタクトもしているので、目の周りを触ることは多いですが、大事に保湿して優しく扱わないといけないと思います。最近では、マスクをしているので目の印象は大きいですよね。目が輝いていれば美人に見えます。

若くも見えるかもしれないと思い、今はお風呂上がりは特に目の周りを保湿しています。あと、涙袋ですね。私は、クマもできやすいのですが、特に涙袋が気になります。若い頃は、涙袋は色気があると言われますが、今はクマと混じっていてなんか疲れている?と言われることが多いです。

コンシラーを使ってトントントンと隠しますが、それが厚塗りになるのかのっぺりとした感じになり厚化粧になります。厚化粧になるとツヤがなくなり老けて見えるのでどうにかならないかなあと思いながら化粧をしています。よく寝た日はとても肌の調子がいいのでやはり、すいみんは大事です。

ほうれい線も朝は薄いのに夕方になるとはっきりしていきます。マスクをしていると特に乾燥しているのか、夜にははっきりくっきり線が入り5歳ぐらい老けた感じになります。今は、保湿を重点的にして、時間があればパックをして顔だけではなく首も保湿しています。